航空士

航空士は飛行機がどこを飛んでいるか正確に把握するために必要な国家資格です。航空士は一等航空士と二等航空士に分かれており、航空士の受験資格、試験内容などについて紹介しています。



航空士とは
 航空士とは飛行機の中で現在地の把握、進路の測定、飛行データの算出を行なうための国家資格です。
 航空士は一等航空士と二等航空士にわかれ、一等航空士は位置、進路の測定、航法資料の算出の業務、二等航空士は位置、進路の測定、航法資料の算出(天測以外)で、航法基準目標物地点間が1300kmを超えない範囲での業務を行います。

航空士の受験資格
一等が18歳以上、二等が17歳以上の年齢制限のほか、一定の飛行経歴が必要になります。

航空士国家試験内容
■一等航空士
(学科)
空中航法知識
気象知識
通信知識
工学知識
法知識
(実技)
推測航法
無線航法
天測航法
■二等航空士
(学科)
空中航法知識
気象知識
通信知識
工学知識
法知識
(実技)
推測航法
天測航法

航空士に関するお問い合わせ
国土交通省航空局乗員課
http://www.mlit.go.jp/
03-5253-8111

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です