狩猟免許試験

狩猟免許は狩を行なうために必要な資格試験です。狩猟免許は網猟免許、わな猟免許、第1種銃猟免許、第2種銃猟免許に分かれて試験が行なわれます。資格の確認にご利用ください。



狩猟免許とは
狩猟を行うには、方法に応じた免許の取得と都道府県の狩猟者登録が必要です。また、銃を使用する方は、警察署で銃の所持許可が必要になります。狩猟免許は狩を行なうために必要な資格です。

狩猟免許試験の種類
■網猟免許
むそう網、はり網、つき網等を使用する猟法
■わな猟免許
くくりわな、はこわな、はこおとし等を使用する猟法
■第1種銃猟免許
銃器(装薬銃、空気銃)を使用する猟法
■第2種銃猟免許
空気銃を使用する猟法

狩猟免許試験内容
知識試験、適性試験及び技能試験によって行なわれます。知識と技能の試験は70%以上の得点で合格とし、適正試験は視力・聴力・運動能力について行なわれます。

狩猟免許受験資格
狩猟免許試験実施日に20歳以上の者で以下のことに該当しない者
・ 統合失調症、そううつ病、てんかん等、自己の行為の是非を判別し、又はその判別に従って行動する能力を失わせ、又は著しく低下させる症状を呈する病気にかかっている方
・麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒の方
・自己の行為の是非を判断し、又はその判別に従って行動する能力がない、又は著しく低い方
・鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律又は同法に基づく命令の規定に違反し、罰金以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から3年経過していない方
・狩猟免許を取り消され、その取消しの日から3年を経過していない方
・ 不正な手段によって狩猟免許試験を受験し、又は受験しようとしたため、受験を禁止されている方

狩猟免許試験に関するお問い合わせ先
猟友会事務局
社団法人東京都猟友会
03-3253-5466

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です