運航管理者

運航管理者はディスパッチャーとも呼ばれ、データを基に最善の飛行ルートを作成する職業です。運航管理者として活躍するためには、運航管理者の国家資格を取得する必要があります。



運航管理者とは
運航管理者とはディスパッチャーとも呼ばれています。気象データなどを基に飛行ルートの作成にあたります。機長と同等の権限を持っていることから、地上にいる機長ともいえます。
運航管理者として活躍するためには、国家試験に合格する必要があり、受験資格として航空運送事業に関する実務経験が必要になります。以下の運航管理者の受験資格や試験内容を確認ください。
実務経験が必要になるため、航空会社に採用されることがポイントになります。

運航管理者の受験資格
23歳以上で、次のうち1つの経験を2年以上、または2つの経験を通算2年以上持つ者。
・操縦を行った経験
・空中航法を行った経験
・気象業務を行った経験
・航空機に乗り組んで無線設備の操作を行った経験
・航空交通管制の業務を行った経験

運航管理者国家試験科目内容
■運航管理者学科試験
航空機
航空機の運航
航空保安施設
無線通信
航空気象
気象予報
天気図の解説
空中航法
法規
■運航管理者実地試験
天気図の解説
航空機の航行の援助

運航管理者国家試験について
■試験日
3月、8月
■受験料
学科5600円、実地51800円
■試験地
東京、大阪、那覇

運航管理者に関するお問い合わせ先
国土交通省航空局技術部乗員課
http://www.mlit.go.jp

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です