測量士・測量士補

測量士は基本測量、公共測量を行なう職業です。測量士としてい活躍するためには、測量を学べる大学、専門学校を卒業するか、国土地理院が行なう国家試験に合格する必要がある。



測量士とは
測量士とは、技術者として「基本測量(すべての測量の基礎となる測量)」、「公共測量(国又は地方公共団体の実施する測量)」に従事するために必要な資格です。

測量士の資格取得方法
・文部科学大臣または国土交通大臣が認定した大学、短期大学、高等専門学校、または養成施設において、測量に関する知識や技能を修め、測量に関し実務経験(大学は1年以上、短大・高等専門学校は3年以上、養成施設は2年以上)を積む。
・国土地理院が行う測量士試験に合格する。

測量士・測量士補の国家試験
■受験資格
年令、性別、学歴、実務経歴等に関係なく受験できます。
■試験科目
・三角測量
・多角測量
・水準測量
・地形測量
・写真測量
・地図編集
・応用測量
※午前は多肢選択式、午後は筆記試験です。測量士と測量士補の試験科目は同じですが、出題される内容が異なります。

測量士・測量士補に関するお問合せ先
国土地理院
http://www.gsi.go.jp/
日本測量協会
http://www.jsurvey.jp/shikaku.htm

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です