原子炉主任技術者

原子炉主任技術者の資格試験情報と職業について紹介しています。原子炉の運転に関する保安・監督を行う技術者で、原子炉の設置者は原子炉の保安を監督する資格です。


原子炉主任技術者とは
原子炉の運転に関しての保安の監督を行わせるために、原子炉主任技術者を選任しなければならないと、「核減量物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」によって義務付けられています。
原子炉主任技術者の受験資格について
原子炉主任技術者試験は筆記試験(一次)と口答試験(二次)で行われます。
一次試験はどなたでも受験できます。
二次試験は6ヶ月の実務経験または原子炉の運転に関する講習を修了した者
原子炉主任技術者の試験科目
■筆記試験
・原子炉理論
・原子炉の設計
・原子炉の運転制御
・原子炉燃料及び原子炉材料
・放射線測定及び放射線障害の防止
・原子炉に関する法令
原子炉主任技術者の試験合格基準
筆記試験の得点は、各科目100点満点とし、全科目の平均が60点以上であって、科目毎の得点が60点未満が2科目まで、50点未満が1科目までで、かつ40点未満がない者を合格と します。
口答試験の得点は、100点満点とし、60点以上の者を合格とします
原子炉主任技術者に関するお問い合わせ先
原子力安全・保安院原子力安全広報課
03-3501-1511(代表)
http://www.meti.go.jp/information/license/c_text32.html

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です