ボイラー取扱者

ボイラー取扱者の職業と資格試験情報を紹介しています。小規模ボイラー、小型ボイラーを取り扱う上で必要な資格です。ボイラー取扱者の資格取得の参考にしてください。



ボイラー取扱者とは
ボイラー取扱者は以下のように分けられる。
・ボイラー(特級、一級又は二級ボイラー技士免許が必要)
・小規模ボイラー(上記免許又はボイラー取扱技能講習修了が必要)
・小型ボイラー(上記免許、技能講習修了又は小型ボイラー取扱業務特別教育修了が必要)
・簡易ボイラー(資格不要)

ボイラー取扱者の技能講習内容
社団法人日本ボイラ協会が実施する2日間の講習を受け、最終日の修了試験に合格すると認定される。受験資格はなく、実技試験も実施されません。
(講習内容)
・ボイラーの構造に関する知識
・ボイラーの取扱いに関する知識
・点火及び燃焼に関する知識
・点検及び異常時の処置に関する知識
・関係法令
・修了試験

ボイラー取扱者特別教育
事業所(企業等)又は社団法人日本ボイラ協会が実施する。2日間にわたり学科教育(7時間以上)と実技教育を修了することとなる。
(学科)
・ボイラーの構造に関する知識
・ボイラーの附属品に関する知識
・燃料及び燃焼に関する知識
・関係法令
(実技)
・小型ボイラーの運転及び保守
・小型ボイラーの点検

ボイラー取扱者の資格試験に関するお問い合わせ先
社団法人日本ボイラ協会
http://www.jbanet.or.jp/
〒105-0004 東京都港区新橋 5-3-1

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です