家畜人工授精師

家畜人工授精師は食肉の安定供給を支えるための家畜人工授精のプロの職業です。家畜人工授精師の資格取得方法や講習内容、職業情報について紹介しています。



家畜人工授精師
 家畜改良法により、家畜人工授精師になるためには都道府県が実施する家畜人工授精師の講習会を受け、修業試験に合格する必要があります。牛と豚に分かれて行なわれますが、免許を持つ家畜のみ人工授精が行なえます。

家畜人工授精師の講習情報
 家畜人工授精師の講習は講習会は4週間で、修業試験が5日間行なわれます。
牛と豚の二部門で行なわれ、畜産関係の大学や短大において単位を取得している場合、科目の免除が行なわれる場合が」ありますのでご確認ください。

家畜人工授精師講習試験内容
・家畜人工授精に関する講習
・家畜人工授精および家畜体内受精卵移植に関する講習会
・家畜人工授精ならびに家畜体内受精卵移植および家畜体外受精卵移植に関する講習会
精液注入技術、授精適期の判定、飼育管理、繁殖管理などの技術が講習に内容です。

家畜人工授精師に関するお問い合わせ先
各都道府県の畜産課および家畜保険衛生所

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です