調理技能検定

調理技能検定について紹介しています。受験資格や試験日程、試験内容について詳しく紹介していますので、調理技能検定についてお調べの方は参考にしてください。



調理技能検定とは
 調理技能検定とは調理師の上位資格です。調理師の経験を国が認める試験です。合格率は70%程度です。
 調理技能検定と調理技術審査とは同一の試験ですが二種類の呼び方があります。調理技術審査に合格すると専門調理師の称号が与えられ、調理技能検定に合格すると調理技能士の称号が与えられます。
 試験は学科と実技があり、実技試験は寿司料理、中国料理、日本料理、西洋料理、麺料理、給食用特殊料理から一つを選択します。

調理技能検定検定内容
■調理技能検定学科試験
・調理一般
・調理法
・材料
・食品衛生
・公衆衛生
・食品
・栄養
・関係法規
・安全衛生
■調理技能検定実技試験
・日本料理
・西洋料理
・麺料理
・寿司料理
・中国料理
・給食用特殊料理
※上記の中から一つを選択します。

調理技能検定受験資格
・調理の実務経験8年以上、実務経験のうち調理師免許を有している期間が3年以上ある者etc

調理技能検定に関するお問い合わせ先
社団法人調理技術技能センター
〒107-0052 東京都港区赤坂7-10-9
TEL:03-3584-1931
http://www.chouri-ggc.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です