海上無線通信士

海上無線通信士の資格試験情報を紹介しています。海上無線通信士は船舶の無線設備を操作する職業です。資格取得方法や受験資格、試験の内容について掲載しています。



海上無線通信士とは
 海上無線通信士は第一級・第二級・第三級・第四級に分かれています。級によって扱える海上無線の範囲が異なり、無線設備に制限があります。

海上無線通信士の業務範囲
■第一級海上無線通信士
船上保守が可能なGMDSS対応の船舶局、GMDSS対応の大規模海岸局等の無線設備
■第二級海上無線通信士
制限された範囲の船上保守が可能なGMDSS対応の船舶局,GMDSS対応の中規模海岸局などの無線設備
■第三級海上無線通信士
船上保守をしないGMDSS対応の船舶局、GMDSS対応の小規模海岸無線局の無線設備
■第四級海上無線通信士
無線電話を使用する漁船の船舶局、漁業用海岸局などの無線設備

海上無線通信士国家試験内容
■第一級海上無線通信士
(筆記試験)無線工学の基礎、無線工学A、無線工学B、法規、英語
(実技試験)電気通信術
■第二級海上無線通信士
(筆記試験)無線工学の基礎、無線工学A、無線工学B、法規、英語
(実技試験)電気通信術
■第三級海上無線通信士
(筆記試験)英語、無線工学、法規
(実技試験)電気通信術
■第四級海上無線通信士
(筆記試験)無線工学、法規
※筆記試験は多肢選択式で行われます。

海上無線通信士試験情報
国家試験は年2回実施され(実施は日本無線協会)、4科目を3年以内で合格すれば合格となる。(科目合格有効が3年間)。
■試験日
1級、2級、3級は9月と3月
4級は8月と2月
■試験会場
東京都、札幌市、仙台市、長野市、金沢市、名古屋市、大阪市、広島市、松山市、熊本市及び那覇市
■受験料
第一級海上無線通信士:15,450円
第二級海上無線通信士:13,650円
第三級海上無線通信士:8,850円
第四級海上無線通信士:7,050円

海上無線通信士に関するお問い合わせ先
(財)日本無線協会
電話番号03-3533-6022
公式ホームページhttp://www.nichimu.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です