特殊無線技士

特殊無線技士の資格と職業情報を紹介しています。タクシーやトラック、緊急車両、テレビ局など、特殊無線技士の資格を活かせる職業は多くあります。無線資格取得の参考にしてください。



特殊無線技士とは
特殊無線技士は無線のプロともいえる資格です。特殊無線技士にはいくつか種類があり、無線の資格によって行なえる業務内容が異なります。

特殊無線技士の種類と試験科目
・第一級海上特殊無線技士(無線工学、法規、英語、電気通信術)
・第二級海上特殊無線技士(無線工学、法規)
・第三級海上特殊無線技士(無線工学、法規)
・レーダー級海上特殊無線技士(無線工学、法規)
・航空特殊無線技士(無線工学、法規、電気通信術)
・第一級陸上特殊無線技士(無線工学、法規)
・第二級陸上特殊無線技士(無線工学、法規)
・第三級陸上特殊無線技士(無線工学、法規)
・国内電信級陸上特殊無線技士(法規、電気通信術)

特殊無線技士の操作対象
・第一級海上特殊無線技士
船上保守をしないGMDSS対応の漁船の船舶局、商船が装備した国際VHF無線電話などの無線設備
・第二級海上特殊無線技士
漁船や沿海を航行する内航船舶の船舶局、VHFによる小規模海岸局などの無線設備
・第三級海上特殊無線技士
沿岸海域で操業する小型漁船やプレジャーボートの船舶局の無線電話などの無線設備
・レーダー級海上特殊無線技士
商船などが装備した大型レーダー、レーダーのみを備えた船舶、沿岸監視用レーダーなどの無線設備
・航空特殊無線技士
航空運送事業用以外の航空機に開設された航空機局、この航空機と通信を行う航空局などの無線設備
・第一級陸上特殊無線技士
多重無線設備を使用した固定局などの無線設備
・第二級陸上特殊無線技士
陸上移動系の無線局、VSAT(ハブ局)などの無線設備
・第三級陸上特殊無線技士
タクシー無線の基地局などの無線設備
・国内電信級陸上特殊無線技士
国内通信を行う固定局などの無線設備の無線電信による通信操作

特殊無線技士に関するお問い合わせ先
日本無線協会
http://www.nichimu.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です