電気工事士

電気工事士の資格には、免状の種類により第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。第一種電気工事士、第二種電気工事士の資格取得方法、受験資格、業務内容について掲載しています。



電気工事士とは
 電気工事士の資格取得者は、電気工作物の作業に従事することができます。国家資格である電気工事士は第一種電気工事士と第二種電気工事士に分けられ、資格によって扱える電気工作物が違います。

電気工事士の資格が必要な作業
・第一種電気工事士は一般用電気工作物及び自家用電気工作物(最大電力500キロワット未満の需要設備に限る)の作業に従事することができます。
・第二種電気工事士にあっては一般用電気工作物の作業に従事することができます。

電気工事士試験内容
■第一種電気工事士
(筆記試験)
①電気に関する基礎理論
②配電理論及び配線設計
③電気応用
④電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
⑤電気工事の施工方法
⑥自家用電気工作物の検査方法
⑦配線図
⑧発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
⑨一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令
(技能試験)
①電線の接続
②配線工事
③電気機器・蓄電池及び配線器具の設置
④電気機器・蓄電池・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
⑤コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
⑥接地工事
⑦電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
⑧自家用電気工作物の検査
⑨自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理
■第二種電気工事士
(筆記試験)
①電気に関する基礎理論
②配電理論及び配線設計
③電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
④電気工事の施工方法
⑤一般用電気工作物の検査方法
⑥配線図
⑦一般用電気工作物の保安に関する法令
(技能試験)
①電線の接続
②配線工事
③電気機器及び配線器具の設置
④電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
⑤コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
⑥接地工事
⑦電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
⑧一般用電気工作物の検査
⑨一般用電気工作物の故障箇所の修理

電気工事士の資格試験に関するお問い合わせ先
財団法人電気技術者試験センター
http://www.shiken.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です