弁護士

弁護士の職業内容、弁護士になるための方法について紹介しています。弁護士は独立開業して活躍でき、高額所得も期待できる国家資格ですが、最難関の国家試験です。



弁護士とは
弁護士は、当事者の代理人、被告人の弁護人として法廷で主張・弁護等を行うほか、各種の法律に関する事務を行う職業です。
司法試験は難関国家試験ですが、弁護士は実力次第で大きな収入も期待できる資格です。

弁護士になるためには
弁護士として活躍するためには、旧司法試験に合格もしくは法科大学院課程(ロースクール)を修了し新司法試験に合格した者で、司法研修所における司法修習を終える必要があります。
司法試験は裁判官、弁護士、検察官の職業に就くためには必ず合格する必要がありますが、日本の国家試験の中で最難関の試験です。
旧司法試験は2011年に廃止され、以降は新司法試験に一本化され、法科大学院課程(ロースクール)の卒業が必要になります。

弁護士に関するお問い合わせ
法務省
www.moj.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です