ボイラー技士

ボイラー技士は特級、一級、二級と三つの区分に分かれています。病院、学校、工場、ビルなどの様々な場所で、資格の必要なボイラーを取り扱い、点検、安全管理を行うために必要な国家資格です。



ボイラー技士とは
ボイラー技士とは病院、学校、工場、ビルなどの様々な場所で、資格の必要なボイラーを取り扱い、点検、安全管理を行うために必要な国家資格です。
級の区分にかかわらず、全てのボイラーを取り扱うことができる。ただし、取扱者を統括する立場の作業主任者に選任されるには、それぞれの級免許が必要になります。

特級ボイラー技士
■全ての規模のボイラー取扱作業主任者となることができる国家資格です。
■受験資格
・一級ボイラー技士免許を受けた者
・大学又は高等専門学校においてボイラーに関する講座又は学科目を修め卒業した者で、その後2年以上の実地修習を経た者
・エネルギーの使用の合理化に関する法律第8条第1項の熱管理士免状を有する者で、2年以上の実地修習を経た者
・海技士(機関1、2級)免許を受けた者
・ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が500m²以上のボイラーを取り扱った経験がある者

一級ボイラー技士
■伝熱面積の合計が500m²未満のボイラー取扱作業主任者となることができる。
■受験資格
・二級ボイラー技士免許を受けた者
・大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後1年以上の実地修習を経た者
・エネルギーの使用の合理化に関する法律第8条第1項の熱管理士免状を有する者で、1年以上の実地修習を経た者
・海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者
・ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験がある者
・鉱山保安法施行規則附則第2条の規定による廃止前の保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験がある者

二級ボイラー技士
■伝熱面積の合計が25m²未満のボイラー取扱作業主任者となることができる。
■受験資格
・大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後3月以上の実地修習を経た者
・ボイラーの取扱いについて6月以上の実地修習を経た者
・ボイラー取扱技能講習を修了した者で、その後4月以上小規模ボイラーを取り扱った経験がある者
・エネルギーの使用の合理化に関する法律第8条第1項の熱管理士免状を有する者で、1年以上の実地修習を経た者
・海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者
・ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験がある者
・ボイラー実技講習を修了した者
・海技士(機関4、5級)免許を受けた者で、伝熱面積の合計が25m²以上のボイラーを取り扱った経験がある者
etc

ボイラー技士に関するお問い合わせ先
財団法人安全衛生技術試験協会
http://www.exam.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です