ボイラー整備士

ボイラー整備士は一定の大きさを超えるボイラー又は第一種圧力容器の整備の業務を行う際に必要な国家資格です。資格取得の際は参考にしてください。



ボイラー整備士
ボイラー整備士は一定の大きさを超えるボイラー又は第一種圧力容器の整備の業務を行う際に必要な国家資格です。安全衛生技術試験協会が実施する国家試験に合格する必要があります。

ボイラー整備士試験科目
・ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に関する知識(30点)
・ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に使用する器材、 薬品等に関する知識(20点)
・関係法令(20点)
・ボイラー及び第一種圧力容器に関する知識(30点)

ボイラー整備士受験資格
・小規模ボイラー又は小規模第一種圧力容器の整備の業務に6月以上従事した経験
・自己の取扱う小規模ボイラー又は小規模第一種圧力容器の整備に3年以上従事した経験
・準則訓練(職業訓練)のうち整備管理・運転系のボイラー運転科を修了した者
・専修訓練(職業訓練)のうちボイラー運転科を修了した者

ボイラー整備士に関するお問い合わせ先
安全衛生技術試験本部03-5275-1088
北海道安全衛生技術センター0123-34-1171
東北安全衛生技術センター0223-23-3181
関東安全衛生技術センター0436-75-1141
中部安全衛生技術センター0562-33-1161
近畿安全衛生技術センター0794-38-8481
中国四国安全衛生技術センター0849-54-4661
九州安全衛生技術センター0942-43-3381
http://www.exam.or.jp/index.htm

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です