建築設備士

建築設備士は、建築設備全般に関する知識及び技能を有し、建築士に対して適切なアドバイスを行える国家資格です。資格取得のための情報を紹介していますので受験の参考にしてください。



建築設備士とは
建築設備士とは、建築設備全般に関する知識及び技能を有し、建築士に対して適切なアドバイスを行える国家資格です。
受験資格には学歴と実務経験によって与えられます。試験内容についても詳しく掲載していますので、参考にしてください。

建築設備士国家試験内容
■一次試験(学科試験)
・建築一般知識
・建築法規
・建築設備
■二次試験(設計製図)
・建築設備基本計画
・建築設備基本設計製図

建築設備士受験資格
・大学卒業+実務経験2年
・短大または高専+実務経験4年
・高校+実務経験6年
・一級建築士+実務経験2年
・一級電気工事施工管理技士+実務経験2年
・一級管工事施工管理技士+実務経験2年
・実務経験9年
etc

建築設備士に関するお問い合わせ先
財団法人 建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.or.jp/
・建築技術教育普及センター本部
東京都中央区京橋2-14-1 03(5524)3105
・建築技術教育普及センター北海道支部
札幌市中央区大通西5-11大五ビル 011(221)3150
・建築技術教育普及センター東北支部
仙台市青葉区支倉町2-48宮城県建設産業会館 022(223)3245
・建築技術教育普及センター関東支部
東京都中央区京橋2-14-1 03(5524)2176
・建築技術教育普及センター東海北陸支部
名古屋市中区栄4-3-26昭和ビル 052(261)6816
・建築技術教育普及センター近畿支部
大阪市中央区大手前1-7-31OMMビル 06(6942)2214
・建築技術教育普及センター中国四国支部
広島市中区大手町2-11-15新大手町ビル 082(245)8055
・建築技術教育普及センター九州支部
福岡市博多区博多駅東2-9-1東福第2ビル 092(471)6310

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です