自家用操縦士

自家用操縦士の資格取得方法について掲載しています。飛行機、グライダー、ヘリコプター、など自家用操縦士の資格試験ごとに詳しく紹介していますので、取得の際は参考にしてください。



自家用操縦士とは
自家用操縦士とは、レジャーとして飛行機、グライダー、ヘリコプターを運転操縦するために必要な国家資格です。

自家用操縦士試験内容
・航空工学
・航空気象
・空中航法
・航空通信
・航空法規
・実技試験
etc

自家用操縦士受験資格
17歳以上で40時間以上の飛行経験を有する者。
(ただし、単独飛行、野外飛行、夜間飛行20時間以上の同乗教育飛行を含む)

自家用操縦士

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です