整備管理者

整備管理者は運送業など多くの車両を扱う事業に必要な国家資格です。資格取得の方法、受験資格、受講内容について詳しく掲載していますので、資格取得の参考にしてください。



整備管理者とは
整備管理者とは、自動車の点検、整備記録簿の記録、運転者の監督などを行うことが業務です。
・定員11人以上の自動車を使用している
・定員10人以下の事業用自動車を5両以上使用している
・車両総重量8トン以上の自動車を5両以上使用している
・それ以外の自動車を10両以上使用している
上記の条件に合致する場合、整備管理者を選任し、陸運局に届けなければならない。

整備管理者受験資格
自動車の点検、整備、管理などの実務経験を2年以上有し、運輸局が行う研修を修了した者。

整備管理者に関するお問い合わせ先
国土交通省地方運輸局自動車技術安全整備課
http://www.mlit.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です