海事代理人

海事代理人は海事関係法令の規程に基づく申請、届出、登記などの手続きをしたり、これらの手続きに必要な書類を作成するのに必要な国家資格です。



海事代理人とは
開示代理人とは、他人に依頼され海事関係法令の規程に基づく申請、届出、登記などの手続きをしたり、これらの手続きに必要な書類を作成するのに必要な国家資格です。
海における行政書士のような活動を行います。海事代理士になるためには、国家試験である海事代理士試験に合格し、海事代理士として登録することが必要です。

海事代理人試験内容
■筆記試験
・一般法律(憲法、民法、商法)
・海事法令
■口述試験
海事法令(船舶法、船舶安全法、船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法)
※筆記試験合格者のみ

海事代理人の受験資格
特に定められていません。

海事代理人試験に関するお問い合わせ
海事局総務課調整係03-5253-8111(内線43144)
各地方運輸局等窓口
http://www.mlit.go.jp/(国土交通省)

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です