建築設備検査資格者

建築設備検査資格者の資格取得や講習に関する情報を掲載。建築設備検査資格者は建築設備の検査を行う専門家です。また、建築設備検査資格者として活動するために必要な国家資格の名称です。



建築設備検査資格者とは
 定期的に建築設備(換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給水設備及び排水設備)の安全確保のための検査を行い、その結果を特定行政庁へ報告する制度の定期検査を行うことのできる国家資格
です。

建築設備検査資格者の資格取得方法
国土交通大臣の登録を受けた者が実施する「登録建築設備検査資格者」講習を受講し、修了考査に合格する必要があります。

建築設備検査資格者講習科目
・建築設備定期検査制度総論
・建築設備に関する建築基準法令等
・建築学概論
・建築設備総論
・給排水衛生設備
・換気・空気調和設備
・電気設備
・排煙設備
・建築設備に関する維持保全
・建築設備定期検査業務基準
・修了考査

建築設備検査資格者の受講資格
・大学において建築学、機械工学若しくは電気工学又はこれらに相当する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して2年以上の実務経験を有する者。
・3年制短期大学(夜間を除く)において建築学、機械工学若しくは電気工学又はこれらに相当する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して3年以上の実務経験を有する者。
・2年制短期大学、高専において建築学、機械工学若しくは電気工学又はこれらに相当する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して4年以上の実務経験を有する者。
・高校において建築学、機械工学若しくは電気工学又はこれらに相当する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して7年以上の実務経験を有する者。
・建築設備に関して11年以上の実務経験を有する者。
・1級建築士、2級建築士、建築基準適合判定資格者の資格を有する者。
・建築設備士の資格を有する者。 (科目の免除があります)
・建築行政に関して、2年以上の実務経験を有する者。
※学歴や実務経験によって、受講資格が異なりますので、詳しくはお問合せください。

建築設備検査資格者に関するお問合せ先
日本建築設備・昇降機センター
http://www.beec.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です