作業環境測定士

作業環境測定士は労働作業者の職場環境に存在する有害物質を調査し、労働作業者の健康を守る国家資格です。作業環境測定士の資格取得のために役立つ情報を紹介しています。



作業環境測定士とは
作業環境測定士とは、労働作業者の職場環境に存在する有害物質を調査し、労働作業者の健康を守る国家資格です。
粉塵、放射性物質、化学物質、有機溶剤などが発生する作業場の作業環境を測定、分析し、改善する専門家として活躍できる職業です。
作業環境測定士は第一種作業環境測定士と第二種作業環境測定士に分けられています。また、第一種作業環境測定士は鉱物性粉じん、放射性物質、特定化学物質、金属類、有機溶剤の5つに分かれます。

第一種作業環境測定士試験科目
■共通試験科目
・労働衛生一般(衛生一般)
・労働衛生関係法令(関係法令)
・デザイン、サンプリング(デザイン)
・分析に関する概論(分析概論)
■選択科目
・有機溶剤
・鉱物性粉じん(粉じん)
・特定化学物質等(特化物)
・金属類
・放射性物質(放射線)

第二種作業環境測定士試験科目
■共通試験科目
・労働衛生一般(衛生一般)
・労働衛生関係法令(関係法令)
・デザイン、サンプリング(デザイン)
・分析に関する概論(分析概論)
※過去の試験を受験し、一部の共通科目について合格点を受けた者は2年間合格科目の免除。
※試験に合格するには、科目ごとに60%以上の得点が必要。

作業環境測定士の受験資格
・理系の大学または高専を卒業した者で、1年以上労働衛生の実務経験を持つ者。
・理系の高校を卒業した者で、3年以上労働衛生の実務経験を持つ者。
・理系以外の大学または高専を卒業した者で、3年以上労働衛生の実務経験を持つ者。
・8年以上労働衛生の実務経験を持つ者。
etc

作業環境測定士の試験に関するお問合せ先
財団法人安全衛生技術試験協会
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館9階
03-5275-1088
http://www.exam.or.jp/
北海道安全衛生技術センター0123-34-1171
東北安全衛生技術センター0223-23-3181
関東安全衛生技術センター0436-75-1141
中部安全衛生技術センター0562-33-1161
近畿安全衛生技術センター0794-38-8481
中国四国安全衛生技術センター0849-54-4661
九州安全衛生技術センター0942-43-3381

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です