労働衛生コンサルタント

労働衛生コンサルタントの国家試験についての情報を紹介しています。労働衛生コンサルタントは労働者の衛生の基準を高めるために、診断や指導を行うことが職務です。



労働衛生コンサルタントとは
労働衛生コンサルタントは、労働衛生コンサルタントの国家試験に合格し登録した人のことです。労働衛生コンサルタントの試験区分は、保健衛生と労働衛生工学に分けられますが、合格後の業務の実施に当っては特に試験区分に制限されるものではありません。

労働衛生コンサルタントの試験科目
・労働衛生一般(択一式)
・労働衛生関係法令(択一式)
・健康管理、労働衛生工学(いずれか一科目 記述式)
・産業衛生一般(口述試験)
・専門科目(口述試験)

労働衛生コンサルタントの受験資格
・大学において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後5年以上衛生の実務に従事した経験を有する者
・短期大学又は高等専門学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後7年以上衛生の実務に従事した経験を有する者
・技術士試験合格者
・薬剤師
・1級建築士試験合格者
・医師
・歯科医師
etc

労働衛生コンサルタントに関するお問い合わせ先
財団法人安全衛生技術試験協会
http://www.exam.or.jp/
03-5275-1088

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です