監理技術者

監理技術者は公共性のある建設工事で、2500万円以上の場合は配置しなければならない国家資格です。一級建築士や一級土木施工管理技士などの28業種のステップアップの資格です。



監理技術者とは
「監理技術者」の職務は、施工計画の作成、工程管理、品質管理その他の技術上の管理及び工事の施工に従事する者の指導監督です。
公共性のある建設工事で、工事1件の請負金額が2,500万円(建築1式工事については5,000万円)以上となる場合は、建設工事を発注者から直接請け負った者(元請業者)は工事現場に専任の技術者(主任技術者又は監理技術者)を配置しなければなりません。

監理技術者の資格要件
監理技術者
監理技術者としての資格要件は、建設業の28業種に対応して、それぞれ国家資格が定められています。
指定建設業以外の21業種に関しては一定の実務経験を有する方も監理技術者となることができます。
詳しく建設業技術者センターのホームページで確認してください。

監理技術者に関するお問い合わせ先
財団法人 建設業技術者センター
http://www.cezaidan.or.jp/
03-3514-4711

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です