小学校教諭普通免許状

小学校教諭(小学校教師)として活躍するために必要な資格情報を紹介しています。小学校教諭普通免許状についてお調べの方は参考にしてください。



小学校教諭とは
小学校の先生のことを小学校教諭といいます。小学校教諭は、児童の発達において、児童の教育のほか、児童の健康面での管理など重要な仕事です。小学校教諭普通免許状(専修、一種、二種)を有していなければなりません。

小学校教諭普通免許状
■専修免許状
大学院修士課程卒業以上の学歴を有する者。(修士の学位を有する者)
■一種免許状
日本の学校教育法に基づく大学卒業以上の学歴を有する者。(学士の学位を有する者)
■二種免許状
日本の学校教育法に基づく短期大学卒業以上の学歴を有する者。(準学士・短期大学士の学位を有する者も含む)
※大学中退者であっても2年以上の在学で卒業所要単位として62単位以上修得していれば二種免許状取得課程(免許コース)に入学して取得することができる場合もあります。

小学校教諭の採用試験について
公立小学校の教諭になるためには、各都道府県または政令指定都市の教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。
教員採用試験は、概ね7月~9月にかけて実施され、筆記試験・水泳などの体育実技・ピアノ演奏などの音楽実技・論文・面接などの試験が実施されます。

小学校教諭に関するお問い合わせ先
各都道府県教育委員会

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です