定期運送用操縦士

定期運送用操縦士はパイロットとして飛行機やヘリコプターを操縦するための国家資格です。定期運送用操縦士の試験についての情報を紹介しています。



定期運送用操縦士とは
定期運送用操縦士とはパイロットとして飛行機やヘリコプターを操縦するための国家資格です。定期運送用操縦士は飛行機と回転翼航空機にわかれ、受験資格として年齢制限と飛行経験時間が必要とされます。
国内線・国際線のパイロット、自衛隊のパイロットとして活躍したい方には必要な国家資格になります。

定期運送用操縦士の受験資格
■飛行機
・年齢21歳以上
・総飛行時間1500時間以上
イ.100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の機長としての飛行
ロ.200時間以上の野外飛行
ハ.100時間以上の夜間の飛行
ニ.75時間以上の計器飛行
■ヘリコプター(回転翼航空機)
・年齢21歳以上
・総飛行時間1000時間以上
イ.100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の機長としての飛行
ロ.200時間以上の野外飛行
ハ.50時間以上の夜間の飛行
ニ.30時間以上の計器飛行

定期運送用操縦士の試験科目
■学科
航空工学、航空気象、空中航法、航空通信、航空法規
■実技
運航知識、点検作業、飛行場等の運航、離陸・着陸、緊急時操作・連携、連絡、総合能力等

定期運送用操縦士の受験資格
国土交通省航空局技術部乗員課検定係
http://www.mlit.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です