航空工場検査員

航空工場検査員の資格試験情報を紹介しています。航空工場検査員の業務内容や試験について掲載していますのでご覧ください。



航空工場検査員とは
航空工場検査員とは、検査事務といって航空機及び航空機用機器の製造若しくは修理の方法の認可等の事務を行うための国家資格です。
また、航空検査技術者に選任される者は航空工場検査員の資格取得者の中から選ぶ必要があります。

航空工場検査員の試験の種類
・航空機国家試験
・航空機用原動機国家試験
・航空機用プロペラ国家試験
・回転翼国家試験
・降着装置国家試験
・発電機国家試験
・空気調和装置用機器国家試験
・飛行指示制御装置国家試験
・統合表示装置国家試験
・航法用電子計算機国家試験
・レーザージャイロ装置国家試験
・回転翼航空機用トランスミッション国家試験
・ガスタービン発動機制御装置国家試験

航空工場検査員の試験科目
・航空機
・航空機用原動機
・航空機用プロペラ
・回転翼
・降着装置
・発電機
・空気調和装置用機器
・飛行指示制御装置
・統合表示装置
・航法  用電子計算機
・レーザージャイロ装置
・回転翼航空機用トランスミッション
・ガスタービン発動機制御装置
※この中から試験の種類おとに必要な試験を4~7科目を受験します。学歴によって一部科目免除などがありますので、詳しくはお問い合わせください。

航空工場検査員に関するお問合せ先
経済産業省 製造産業局航空機武器宇宙産業課
03-3501-1511

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です