航空整備士

航空整備士は航空機の部品が正常に動くかを点検し、航空機の安全を守る専門家です。一等航空整備士と二等航空整備士、三等航空整備士について詳しく掲載しています。



航空整備士とは
航空整備士とは、航空機の膨大な数の部品wが正常に動くか点検することが業務内容です。フライト前の点検や、飛行後の整備などを行います。
一等航空整備士、二等航空整備士、三等航空整備士の種別があり、実務経験による受験資格が必要になります。

航空整備士の受験資格
■一等航空整備士
21歳以上で実務経験3年以上
■二等航空整備士
20歳以上で実務経験3年以上
■三等航空整備士
18歳以上で実務経験1年以上

航空整備士の試験内容
■学科
・機体(航空力学理論含む)
・発動機知識
・電子部品等
・航空法規(ヒューマン・ファクタ含む)
■実技
・整備基本技術
・整備・検査知識
・整備技術
・点検作業
・動力装置操作

航空整備士の受験料金
学科試験は5600円
実技試験は一等53,900円、二等50,000円、三等45,500円

航空整備士に関するお問い合わせ先
国土交通省航空局乗員課
03-5253-8111
http://www.mlit.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です