海技士

海技士は大型船舶を運航するためには海技士の免許が必要です。船長、機関長、航海士、機関士、通信長、通信士、運航士などの船舶職員として必要な国家資格です。



海技士とは
海技士とは、貨物船などの大型船を操縦する免許です。同じ海技士でも免許区分があり、「航海」「通信」「機関」「電子通信」に分けられます。

海技士(航海)
海技士(航海)の海技士免許は、外国を航海する船長の必要となる国家資格です。海技士(航海)は1級から6級の等級にわけられ1級を取得すれば5000トン以上の船舶の船長となれます。

海技士(機関)
海技士(機関)は大型船舶の推進機関や操舵装置などを操作し、管理するための知識や技能を問われる国家資格です。

海技士(通信、電子通信)
海技士(通信、電子通信)は、大型船舶を安全に運行させるため外部との連絡を行うための国家資格です。

海技士の試験に関するお問い合わせ先
国土交通省海上安全環境部船員環境海技士資格課
045-211-7232
http://www.mlit.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です