火薬類保安責任者

火薬類保安責任者は火薬類による事故を防止するための国家資格です。火薬類保安責任者に関する資格や試験情報を掲載しています。



火薬類保安責任者とは
火薬類保安責任者とは、火薬の事故を防ぐめの専門的な知識を有する責任者のために国家資格です。
火薬取締法によって、火薬類保安責任者の選任が火薬を扱う事業者に義務付けられています。

火薬類保安責任者の資格について
火薬類保安責任者の資格は大きくわけて、製造と取扱にわけられます。
製造は製造施設や製造方法が安全に行われているか監督するもので、製造する火薬の量や種類に応じて、甲種・乙種・丙種にわけれています。
取扱は火薬類が適切に管理されているかを監督するための資格です。

火薬類保安責任者の試験科目
・火薬類取締に関する法令
・火薬類製造工場保安管理技術
・火薬類製造方法
・火薬類性能試験方法
・火薬類製造工場に必要な機械工学及び電気工学大要
・一般教養
など
受験資格は特に定められていません。

火薬類保安責任者に関するお問い合わせ先
社団法人 全国火薬類保安協会
http://www.zenkakyo-ex.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です