核燃料取扱主任者

核燃料取扱主任者の資格試験について紹介しています。核燃料取扱主任者は国家試験に合格することで取得できる国家資格です。



核燃料取扱主任者とは
核燃料取扱主任者とは、ウランを加工し、燃料集合体を製造する加工工場や、使用した燃料から再びウランやプルトニウムを取り出す再処理工場で、核燃料の取扱や管理が安全に行われるよう監督する保安の責任者です。

核燃料取扱主任者試験の受験資格
特に制限はありません。

核燃料取扱主任者の試験科目
・核燃料物質の化学的性質及び物理的性質
・核燃料物質の取扱いに関する技術
・放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術
・核燃料物質に関する法令

核燃料取扱主任者の試験科目免除
第一種放射線取扱主任者試験合格者は「放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術」の試験科目が免除。

核燃料取扱主任者
原子力安全・保安院 原子力安全広報課
03-3501-1511

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です