特殊建築物等調査資格者

特殊建築物等調査資格者の資格試験情報を紹介しています。特殊建築物等調査資格者は学校や病院などの建物を検査するための国家資格です。



特殊建築物等調査資格者とは
特殊建築物等調査資格者とは、多くの人が出入りする特殊建築物(学校、病院、診療所、映画館、オフィスビルなど)の敷地構造や建築設備を定期的に検査するための国家資格です。
特殊建築物等調査資格者の資格は講習を受け修了考査に合格すると取得できます。

特殊建築物等調査資格者の受講資格
・実務経験11年以上
・1級建築士、2級建築士、建築主事等の有資格者
・大学の工学課程を卒業し、実務経験、2年以上の者
・3年制短大の工学課程を卒業し、実務経験、3年以上の者
・高等専門学校の工学課程を卒業し、実務経験、4年以上の者
・高校の工学課程を卒業し、実務経験、7年以上の者
・建築行政業務の実務経験、2年以上の者
・甲種消防設備士として、実務経験、5年以上の者
など

特殊建築物等調査資格者の講習内容
・建築基準法令の構成・概要
・建築学概要
・特殊建築物等定期調査制度総論、
・維持保全
・建築構造
・防火・避難
・事故防止
・業務基準
・修了考査

特殊建築物等調査資格者の資格に関するお問合せ先
(財)日本建築防災協会
03-5512-6451
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です