土止め支保工作業主任者

土止め支保工作業主任者の講習内容や資格に関する情報を紹介しています。地山の掘削及び土止め支保工作業主任者技能講習を修了すると取得できる国家資格です。



土止め支保工作業主任者とは
土止め支保工の切りばり又は腹おこしの取付け又は取りはずしの作業において労働災害の防止などを行うために必要な資格です。
トンネル工事などの災害を防ぐために、土止め支保工作業を指揮監督することを目的としています。

土止め支保工作業主任者の受講資格
・実務経験を3年以上もつもの
・大学や高専において、土木や建築に関する学科を専攻し、実務経験を2年以上をもつ者
etc

土止め支保工作業主任者の講習内容
・地山の堀削及び土止め支保工の切りばり、腹おこし等に関する知識(専門知識)
・工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識(一般知識)
・作業者に対する教育等に関する知識(教育知識)
・関係法令
※講習終了後、修了試験があります。

土止め支保工作業主任者に関するお問い合わせ先
社団法人 日本鳶工業連合会
http://www.nittobiren.or.jp/
03-3434-8805

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です