小型船舶操縦士

小型船舶操縦士の資格内容、試験情報を紹介しています。小型船舶操縦士は20トン以下のエンジンやモーターで動く船を操縦するために必要な国家資格です。



小型船舶操縦士とは
小型船舶操縦士とは、小型船舶操縦士は20トン以下のエンジンやモーターで動く船を操縦するために必要な国家資格です。
小型船舶操縦士には一級と二級と特殊があり、二級は海岸より5海里(9キロ)と操縦に制限がかかります。水上オートバイの運転免許は特殊という試験区分ですので注意してください。

小型船舶操縦士の資格取得方法
小型船舶操縦士の資格取得方法は小型船舶教習所を通して試験無しで取得する方法と、国家試験に合格する必要があるスクールで学ぶ方法があります。
独自で学習する方法もありますが、小型船舶操縦士の免許を持たないものが運転すると無免許運転になります。
また、例え小型船舶操縦士の免許を持っている方が同乗しても、小型船舶操縦指導員という指導用の免許を持っている必要がありますので、独習が現実的でないことがわかると思います。

小型船舶操縦士の試験内容
・操縦者の心得及び遵守事項
・交通の方法
・運航
・実技試験
・身体検査(視力、弁色力、聴力、疾病及び身体機能の障害)

小型船舶操縦士の受験資格
・1級小型船舶操縦士(満18歳以上(満17歳9ヶ月以上より受験可能)
・2級小型船舶操縦士(満16歳以上(満15歳9ヶ月以上より受験可能)
・特殊小型船舶操縦士(満16歳以上(満15歳9ヶ月以上より受験可能)

小型船舶操縦士の資格に関するお問い合わせ先
財団法人日本海洋レジャー安全振興協会
03-3248-2741
北海道0134-32-5123
東北022-298-5432
関東045-201-1222
北陸信越025-283-1996
中部052-331-0185
近畿06-6882-5846
中国082-227-5323
四国087-837-6399
九州093-332-1537
沖縄098-861-0474

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です