管工事施工管理技士

管工事施工管理技士の資格試験情報を紹介しています。管工事施工管理技士の資格取得をお考えの方は資格情報をご覧ください。



管工事施工管理技士とは
冷暖房設備工事、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事、衛生設備工事などの管工事において、施工計画を作成し、工程管理、品質管理、安全管理等の業務を行う国家資格です。

管工事施工管理技士の業務内容
・一級管工事施工管理技士
建設業法により特定建設業の営業所に置かなければならない専任の技術者や、工事現場ごとに置かなければならない主任技術者および監理技術者になることができる。監理技術者であり続けるためには更新が必要である。
・二級管工事施工管理技士
建設業法による一般建設業の営業所の専任技術者や、工事現場における主任技術者となることができる。

管工事施工管理技士の試験科目
■学科試験
・原論(環境、流体力学、熱力学)
・空調設備(空調、冷暖房、換気、排煙)
・衛生設備(上下水道、浄化槽、給水、給湯、衛生器具、排水、通気)
・建築設備一般(配管、ダクト、消火設備、ガス設備、保温、機材、設計図書)
・電気,建築
・施工管理(施工計画、工程・品質・安全管理、工事施工)
・法規(建築基準法、建設業法、下水道法、水道法、消防法、労働安全衛生法、その他)
■実地試験
・機材・衛生・共通工学
・機材・衛生・共通工学
・工程管理・法規
・施工経験記述

管工事施工管理技士の受験資格
■一級管工事施工管理技士
・大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
・大学の指定学科以外を卒業後、4年6ヶ月以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、5年以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年6ヶ月以上の実務経験
・高等学校の指定学科を卒業後、10年以上の実務経験
・高等学校の指定学科以外を卒業後、11年6ヶ月以上の実務経験
・その他の者は15年以上の実務経験
■二級管工事施工管理技士
・大学の指定学科を卒業後、1年以上の実務経験
・大学の指定学科以外を卒業後、1年6ヶ月以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、2年以上の実務経験
・短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、3年以上の実務経験
・高等学校の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
・高等学校の指定学科以外を卒業後、4年6ヶ月以上の実務経験
・8年以上の実務経験

管工事施工管理技士の資格試験に関するお問い合わせ先
(財)全国建設研修センター
http://www.jctc.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です