ボイラータービン主任技術者

ボイラータービン主任技術者の資格取得について紹介しています。学歴に応じて必要な実務経験が異なりますので注意が必要です。



ボイラータービン主任技術者とは
電気事業法に基づく発電用ボイラー、蒸気タービン、ガスタービン及び燃料電池発電所等の工事、維持、運用に係る保安の監督などを行う者であり、安全の確保及び、電力の安定供給を図るのが目的の国家資格です。

ボイラータービン主任技術者の資格取得方法
ボイラータービン主任技術者の資格は、学歴に応じた必要な実務経験をつみ、申請すれば取得できる国家資格です。
一種の取得には、圧力5880キロパスカル以上の発電用の設備に係わった実務経験も必要になります。

ボイラータービン主任技術者に関するお問い合わせ先
経済産業省 原子力安全保安院
03-3501-1742
http://www.nisa.meti.go.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です