電気通信の工事担任者

電気通信の工事担任者の資格試験情報を紹介しています。電気通信を利用するための工事に必要な国家資格です。アナログ、デジタル両方の工事に必用な資格ですのでご覧ください。



電気通信の工事担任者
無線、有線などの電気工事を行うためには「電気通信の工事担任者」の国家資格を取得している必要があります。
「電気通信の工事担任者」の試験はアナログとデジタルに分かれています。また、アナログとデジタルを両方扱える試験区分もあります。
電気通信設備工事担任者とも呼ばれます。

電気通信の工事担任者の試験科目
・電気通信技術の基礎(基礎科目)
・端末設備の接続のための技術及び理論(技術科目)
・端末設備の接続に関する法規(法規科目)
主題範囲や難易度などは、試験区分のついて異なるため、詳しくは公式ホームページよりご確認ください。

電気通信の工事担任者に関するお問い合わせ先
電気通信国家試験センター(日本データ通信協会)
http://www.shiken.dekyo.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です