ガス溶接作業主任者

ガス溶接作業主任者は、ガス集合溶接装置などガス溶接技能者が扱えない大規模装置でガスを用いた溶接が行える資格です。


ガス溶接作業主任者とは
大規模な装置をつかったガス溶接に必用な国家資格です。安全衛生技術試験協会が実施している国家試験を受ける必要があります。
ガス溶接技能者のスキルアップに最適の国家資格です。建設や製造業に関する職業の方におすすめの資格です。学歴や保有の資格によって科目免除などがあります。

ガス溶接作業主任者の試験科目
・ガス溶接等の業務に関する知識
・関係法令
・アセチレン溶接装置及びガス集合溶接装置に関する知識
・アセチレンその他可燃性ガス、カーバイド及び酸素に関する知識

ガス溶接作業主任者の受験資格
・ガス溶接技能講習を修了した者で、三年の実務経験
・大学又は高等専門学校において溶接に関する学科を専攻して卒業した者
・大学又は高等専門学校において工学又は化学に関する学科を専攻して卒業した者で、1年以上の実務経験を有する者
・構造物鉄工科又は配管科の職種に係る職業訓練指導員免許を持つ者
・養成訓練(金属成形科)を修了した者
・養成訓練(溶接科)、普通職業訓練(金属加工系溶接科)を修了した者で、2年以上の実務経験
・鉄工、建築板金、工場板金又は配管の1級又は2級の技能検定合格者で、1年以上の実務経験
・旧保安技術職員の規則による溶接係員試験に合格した者で、1年以上の実務経験
など

ガス溶接作業主任者に関するお問い合わせ先
財団法人 安全衛生技術試験協会
http://www.exam.or.jp/

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です