建築基準適合判定資格者

建築基準適合判定資格者の資格試験情報を紹介しています。受験資格や試験内容など、建築基準適合判定資格者について掲載しています。



建築基準適合判定資格者とは
建築物や建築設備・工作物等に関する確認申請(及び計画通知)における建築計画等が、建築基準法や建築基準関係規定に適合してるか否かの確認や検査等を行う資格者のこと。

建築基準適合判定資格者の受験資格
一級建築士試験に合格したもので、建築行政又は建築基準法第77条の18第1項に定める確認検査の業務その他これに類する業務で、政令に定めるものに関して2年以上の実務の経験を有するもの
政令で定めるもの
・建築審査会の委員として行う業務
・大学の学部、専攻科、大学院で教授や助教授として建築に関する教育や研究を行う業務
・建築物の敷地、構造、建築設備の安全上、防火上、衛生上の観点から行う審査や検査の業務で、国土交通大臣が確認検査の業務と同等以上の知識と能力を有すると認めた者

建築基準適合判定資格者の試験内容
・建築基準法第6条第1項の建築基準関係規定に関する知識
・建築行政又は確認検査の業務等に関する実務の経験について(小論文)
・建築基準法第6条第1項の建築基準関係規定に関する知識

建築基準適合判定資格者に関するお問い合わせ
都道府県建築主務課

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です