ずい道等の履行作業主任者

ずい道等の履行作業主任者の資格情報を紹介しています。ずい道等の履行作業主任者の資格取得のために、受験資格や講習内容について掲載していますので、これから資格取得をお考えの方は参考にしてください。


■ずい道等の履行作業主任者とは
ずいどう等の履行作業主任者は、ずいどう(トンネル)型枠支保工・トンネル等の内壁をアーチコンクリートや側壁コンクリートで覆う作業を行う際に、型枠やそれを支える柱やはり等の部材で構成される仮設設備の組み立て、解体、移動の作業方法を監督する国家資格です。
事業者は作業を行う際は、資格取得者の中からずい道等の履行作業主任者を選任する必要があります。
■資格取得方法
ずい道等の履行作業主任者の資格を取得する方法は、講習を受け修了することで取得することができます。
■講習内容
・ずい道等の覆工等に関する知識
・工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識
・作業者に対する教育等に関する知識
・関係法令
■受験資格
・ずい道等の覆工作業に3年以上従事した者
・大学、高等専門学校、高等学校で、土木、建築、農業土木に関する学科を専攻して卒業した者で、その後2年以上作業に従事した者
・その他厚生労働大臣が定める者
■お問い合わせ
都道府県労働局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です